フクロウラボを知る

ビジョン・バリュー・行動指針

バリュー・ビジョン・行動指針の全体像をご紹介します。組織の将来像であるビジョン『かけがえのないパートナーになる』を通して社会への価値提供を行いたいと考えています。

会社の組織づくりに大切と言われる、ビジョンやバリュー。

バリューは「フクロウラボのメンバーとしてどういうレベル感を求められているか」「こういう行動にイイネします」という認識を統一化したもので、この価値観を共感できる人と働きたい、これができている人たちと働くのが気持ちいいと考えています。

ビジョン・バリューの関係性

フクロウラボは採用においてカルチャーフィットを重要視しているため、どういう人が合うか、どういう行動をする人と働きたいか、どういう行動を評価するかを、この会社に興味を持って面接に来てくれた受け手側にとってわかりやすいように説明し、共有する必要を感じ、プロフェッショナルってなんだろうなと突き詰めていった結果、3つのバリュー「コトに向き合う」「配慮し合う」「当たり前をやり切る」へ集約されました。

私たちフクロウラボは、組織の将来像であるビジョン『かけがえのないパートナーになる』を通して社会への価値提供を行いたいと考えています。

そのための行動指針(スタンス)としてFUKUROU WAYを設け、実践することでバリューの体現へとつながり、やがてビジョンへと到達していこうと日々邁進しています。

FUKUROU WAY

FUKUROU WAYとは?

  • バリューをもう少しブレイクダウンした、行動指針/行動規範のようなもの
  • 日々FUKUROU WAYを体現することが、バリューの実践/ビジョンの実現につながり、社会への価値提供につながっていく
  • 開発部は職種的な特異性があるため、より業務に即した形にするためにdev/biz&corpの2種類あります

devチームのFUKUROU WAY

01
プログラミングは最高のエンタメ
  • 切磋琢磨し、自学自習の精神を忘れない。
  • 既存の枠組みにもとらわれず新しいことへの挑戦を積極的に行い、失敗を恐れない。
  • 仮に失敗しても、そこから学びを得て、必ず変化し成長へつなげる。
  • コードにこだわり、技術に興味を持ち、武器である技術力を磨く。
02
Just for Fun(それがぼくには楽しかったから)
  • 自分の仕事に意味を見出す。
  • 情熱を持って世界によりよい変化やインパクトを与えようというモチベーションで仕事する。
03
迷惑をかけよう。それがチームのためならば。
  • 個人ではなし得ない成果を、チームで目指す。
  • チームの目標、各メンバーの役割を明確にし、協力する。
  • メンバー同士の考え方や意見を尊重し、高いクオリティで仕事をしてくれると信じ合う。
04
観測に勝る推測なし
  • 事実と意見を区別する。
  • 観測可能な事象に基づいて、仮説が立て、行動へつなげる。
05
You play with the cards you're dealt, whatever that means.
(配られたカードで勝負するっきゃないのさ…それがどういう意味であれ)
  • 自身の不完全さを受け入れる。
  • 大きな問題は分割する事で、時間や様々な制約の中でもコミットする。
06
しまうま
  • 高い視点で物事を捉えて、本質的な問題を見極めて解決する。
  • 人がやる必要がない仕事の自動化やシステム化を進め、組織全体の生産性を上げる。

biz/corporateチームのFUKUROU WAY

01
自分ゴト化
  • 自分から改善のアクションをする
  • 事業を/チームを/自分を良くするのは自分。他責にしない。自分が引っ張る
  • 3つの成長にコミットする
    • ①顧客ビジネスの成長
    • ②組織の成長
    • ③自己成長
02
誠実
  • 事業に/顧客に/社内に、常に誠実でフェアであること
  • 目の前の仕事に誠実に全力で取り組み、次の仕事を得る。面白く大きな仕事がほしければ、自分で信用残高を積む
03
プロフェッショナルな仕事
  • 期待を超えるスピードと品質を、常に提供する
  • 責任感を持つ
04
仕事に意思を持つ
  • 考えを持って自分で判断する
  • 会社/チーム/事業の目線と方針を一致させ、個人が反射的に意思決定して事業をより早く前進させる
  • 確認を最小回数にする
  • どんどんアクションしてアクション量を最大化する
  • 本質を捉え改善を続ける
  • 意見/アイディアを遠慮なく発信する
05
フィードバックを恐れない。精度より速度
  • 失敗はOK、最速でリカバリーし、同じ失敗を繰り返さない
  • 積極的に新しいことに挑戦する
  • 失敗は責めず、感謝する
  • 怠惰な失敗はダメ。失敗するなら前のめりで
  • 走りながら考える
06
素直に聞く
  • わからないことをわからないと言い、自ら学ぶ機会を作る
  • 周囲を巻き込みながら事業推進する
  • 人の時間を適切に奪う
  • 日々アンラーニングする
  • 人のアクションから学ぶ
  • オープンにアクションする
07
感情を乗せてフィードバック
  • どんどんフィードバックする
  • 雇用形態/役職関係なくフィードバックし合う
08
やり切る
  • 顧客がファンになってくれるぐらいやりきる
  • 全力で取り組む
  • 目の前の仕事を最速で対応する
  • 今日やれることは今日やる
  • 体調が悪くて80点以下になるのであれば、無理せず休んで翌日元気に働くことを優先する
  • だらだらと長時間働かない
  • オン/オフのメリハリをつけて働く
  • 仕事に集中するために休憩をうまく使う
09
リード&フォロー
  • リーダシップも大事だけどフォロワーシップも大事
  • リーダーは当事者意識を持ち、事業をリードする
  • フォロワーも、事業がより良くなるために、協力的にフォローする
10
伝わるまで話そう
  • 伝える努力
  • 『言ったつもり』『受け手がわかっているはず』はダメ
  • 受け手が咀嚼し理解するまで伝える側が努力する
  • 受け取りやすい形で伝える
エントリー

スキルよりカルチャーフィット
助け合いの環境で働きませんか?

自分の弱みと向き合い、補い合える環境を一緒に作っていける人を探しています。
応募前に役立つ情報もご確認のうえ、ぜひエントリーしてください。

フクロウラボについて
もっと知りたい方はこちらから