働く人を知る

中学生の頃、ゲームプログラミングをしたことがきっかけになりエンジニアの道へ

林田 朋也

事業開発室

中学生の頃、ゲームプログラミングしたことで、エンジニアという職業に魅力を感じていました。学生時代、スタートアップに興味があり、代表の清水さんとあるイベントで出会ったことがフクロウラボに入社するきっかけになりました。

入社 2015年 中途入社
前職 広告領域での新規事業開発、アプリエンジニア/Webエンジニア。セールスエンジニアとして、営業チームのサポートやエンジニアコミュニティの醸成などを担当。
林田 朋也のイメージ

これまでのキャリアを教えてくださいフクロウラボ初期のプロダクトから携わるエンジニア

大学院卒業後、広告領域での新規事業開発を中心に、アプリエンジニア/Webエンジニアとして2年間従事。セールスエンジニアとして営業チームのサポート、スクラムチームの運用、海外拠点での社員教育、社内エンジニアコミュニティの醸成などに携わりました。大学在学中、スタートアップに興味があり、代表の清水さんと知り合いました。フクロウラボにとって初めてのプロダクトがリリースした時から、フクロウラボの業務を手伝っていました。しばらくは前職の就業後に手伝っている状況でしたが、2015年に入社しました。

入社後にまず取り組んだことは?ミーティングを見直すところからスタート

入社当時のミーティングは長時間に渡り、脱線も多く、良い結論にたどり着けないこともありました。そこで、セミナーや書籍でファシリテーションを学び、導入したことを覚えています。

フクロウラボで働くメリットは?自分の技術向上のために、時間が確保できる職場

基本的に開発部のメンバーは、残業時間も少なくワークライフバランスが取れています。技術を磨きたいと、各自勉強し、自己研鑽に励んでいる人が多くいます。

これからチャレンジしていきたいことは?会社の成長と共に、変化し成長する組織

会社の拡大に伴って、業務の幅がダイナミックに変わり、多様な環境での仕事を経験できました。2022年、開発部から事業開発室へ異動し、新規事業開発に取り組んでいきます。

現状の課題を率直に言うと?新規事業を育てているフェーズ

広告事業は安定し、成長している一方で、次に軸となる事業成長には苦しんでいます。新規事業の立ち上げは続いているので、その中から新たな柱が育てられれば、会社としても開発組織としても成長できると思います。

チームで働くみなさんに聞いてみました林田さんと働くチームメンバーからの声

チームメンバーのアイコン
川原さん開発部
鋭い視点が、ミーティングを活性化させる

ミーティングでは、あえて議論を発展させるために、反対側の意見を出してみたり、言葉足らずなメンバーをフォローしたりと柔軟に対応してくれます。誰に対しても、言いにくい意見をストレートに伝えられる人。いろんな視点で思考できる方です。自分は、言葉を増やして論点を分かりにくくしてしまうことがあるので、意見をストレートに伝えるところを見習いたいと思っています。

チームメンバーのアイコン
上原さん開発部
社外コミュニティに積極的に参加している姿を見習いたい

林田さんは、冷静沈着なタイプで、CircuitXの仕様を訊いたりコードレビューの時に、いつも助けてもらっています。社外イベントでの登壇や、エンジニア技術書の読書会などにもジャンルを問わずに参加していて、インプットとアウトプットの量と質ともにこなしている姿がかっこいいです。林田さんのようにエンジニアとして、社外コミュニティに積極的に貢献していきたいと思っています。

応募を考えている人へメッセージをどうぞ開発部と営業部の距離が近い会社、望めばいろんなことにチャレンジできる

とことんエンジニアリング技術を深めたい方、企画やマーケッターとともにプロダクトを成長させたい方、組織づくりをしたい方など、活躍できる場所が様々あります。まだ成長途中の会社と新規事業の新しい柱を一緒に作ってくれる方待っています。

エントリー

スキルよりカルチャーフィット
助け合いの環境で働きませんか?

自分の弱みと向き合い、補い合える環境を一緒に作っていける人を探しています。
応募前に役立つ情報もご確認のうえ、ぜひエントリーしてください。